投稿

非日常時だからこそ、アンラーニング習慣を身につけよう!

イメージ
新型コロナウイルスで日常生活や仕事に支障が出ている方が多数いらっしゃると思います。
予期せず感染をされたり、外出禁止を余儀なくされている方々の心中、心よりお察しいたします。 現在、イベントやMTGの開催もZOOMを使った遠隔MTGや、
在宅ワークなどのテレワークの推進が急速に進んでいると思います。 外出ができないことの代替として大企業が仕事の仕方を転換しているのですが、 実はこれはウイルス関係なく、だいぶ前からテレワークやノマドワークを実践している
企業や個人は少なくないと思っています。
人間は大きな組織に長年いたり、マンネリな生活を繰り返してしまうと、
固定観念に捉われ、昔ながらの慣習で、
「ねばならない」というイラショナル・ビリーフ(非合理思考)
身についてしまうものです。

・それって昔からみんなやってるよね。
・それは理由なく、当たり前でしょ!
・いつも通りのことを変える必要ってないでしょ?

みたいな思考においては、実はより近道があるのにも関わらず、
集団で遠回りの道に行ってしまうことも少なくないと思います。
理由を考える習慣がないと、
思考は単一的になってしまい、結果、効率も生産性も落ちてしまうのです。
だからこそ、こういう時は、日頃からの思考訓練が試される時だと思います。 実は日頃気づいていなかったり、見失っているだけで、
より効率よく作業をする方法は、たくさんあるわけなのです。 だからこそ、非日常において、自分の仕事や生活の仕方を脱却していくことで、 新たな発見があるのだと思います。
これを学習棄却=アンラーニングと言います。

例えば、車を運転できる人は、いちいちハンドルを右左と考えることをしなくなるように
行動が無意識に自動化 されてしまうと、学習力が少なくなっていくわけです。
ですが、いつもやっている方法を違う方法にしてみたり、
普段とは違う行動を行うことで、日常の癖を多角的に検証し、
普段の行動をアップデートしていくことができるのです。

リモートワークや、遠隔MTGの利便性に気づくなども、
実はそういった視点から捉えると、
日常には様々なアンラーニングの視点がまだまだあるのだと思っています。

非日常時、身の回りの変化が大変な状況だからこそ、学びの要素がたくさんあります。

その学びを享受できるか否かによって、人間として生き抜く力が問われるのだと思っ…

問題が起きた時には「間」に着目をする

イメージ
昨今、芸能人の薬物事件が後を絶ちません。
水面下ではまだまだ薬物の蔓延が予想されます。
薬物の中毒性は計り知れず、改善がされたと思っても、
またしばらくすると繰り返し使われてしまう状況を見ると、
ちょっとした心の弱さやナイーヴなメンタルの状況に
クスリの脅威が漬け込まれているのだと思います。

クスリに限らず、人間のメンタルというのは、一見強そうに見える人ほど、
実は案外弱いのではないかと感じています。
社会的に注目される人間はもとより、
組織で地位が高くなる、身の丈に合わない責任を持たされるなど、
個としての一人の人間に、社会や組織の重圧がのし掛かると、
戸惑いや心の苦しみが積み重なり、それが犯罪や違法行為に繋がることだと感じます。

例えば、有名な大学の教授が日頃の素ぶりからはあり得ないような痴漢をする、
という事件もその現れだと思うのです。
その時に、その人に「どうしてこんなことをしたんだ」「あなたはダメな人だ」と
レッテルを貼る社会は悲しいものです。
上記にもある通り、その人自身の問題でもありながら、
そこには社会や組織などの環境要因や背景・状況が存在するからなのです。

8050問題、7040問題の引きもこりなどもそうだと思うのです。
その人自身が、最初から引きこもりたいと願う訳ではなく、
状況に向き合いながら、それにもがいたり苦しんだりした末に心をくじかれてしまい、
否応無しにそのような状況に追いやられてしまう状況や背景が各々あるのだと思います。

人間という文字が人の「間」と表す通り、何か問題が生じた場合に、
その人に対して指を向けるのではなく、
その人と周りの人間を取り囲む「間」に着目をしてみては如何でしょうか。

その人の生活環境や仕事の関わり方、人との関わり方、自分との向き合い方、
そこから問題となっている要因を如何に未来志向で解決をしていけるかが
建設的な解決の糸口になると考えます。

薬物問題も、事件を起こした人を一方的に責めるのではなく、
事実に着目をしながら、その出来事が如何にして生み出されたかという要因を探り、
そして、その人が今後どのようにしたらその行為が軽減されていくかを未来志向で
向き合っていけると、人に対しての寛容の在り方が膨らんでいくのだと考えます。

違法薬物は決して許されるものではありません。
ですが、人には寛容な社会でありたいと強…

月刊誌「致知」の「致知随想」のネット版が公開されました

イメージ
先月、大変反響を賜りました月刊誌「致知」の小生の記事がネットにて公開されましたので、
よろしければご笑覧くださいませ。

「人生は自分しか創り上げられない物語——古新舜監督が伝えたいこと」

皆さまにプラスとなれる活動を発信してまいりますので、
これからも温かい応援のほど、よろしくお願い申し上げます。

2020年は「間を大切にする」

イメージ
一月もあっという間に半月が経ちました。
今年はオリンピック始め社会的に大きな動きが起こる年。
みなさまの一年が益々輝いていきますことを心より願っております。

昨年から始めたYoutubeチャンネル、今年から年賀動画を始めました。
今年の小生のテーマは、「間を大切にする」
今年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます!




11/2(土)、11/3(日)は早稲田祭「プロフェッショナル早稲田の流儀」に登壇いたします!

イメージ
母校の早稲田大学の後輩の方からのご依頼で、母校にて登壇いたします。
『スタディサプリ』の伊藤賀一さんや元・将棋女流棋士でタレントの竹俣紅さんと並んで登壇をいたします。
ぜひ、早稲田の雰囲気を味わいに当日は、早稲田大学にいらしてみてください! 【早稲田祭「プロフェッショナル早稲田の流儀」・古新舜】
・11月2日(土) :11:00~13:00・14:30~16:30
中高大生及び当該保護者をメインターゲットとしたワークショップ
・11月3日(日) :11:00~13:00・14:30~16:30(全4回)
一般の成人又はOB・OG等をメインターゲットとしたワークショップ
会場:早稲田キャンパス 3号館202教室
※各回とも開場は企画開始時間の30分前です。
・HP:https://wasedasai.net/staffpj/professional/

10月20日(日)「踏み出す大人の学びフォーラムvol.1」開催!

イメージ
『踏み出す大人の学びフォーラム2019』
『社会的孤独』を作らないために、何がイマ、私たちにできるのか? 現在、罪のない子どもたちが被害を受ける事件が後を絶たないのは、大人の在り方が確立されていないからだと考えます。
大人が変化の激しい社会に惑い、悩み、孤立を抱えている空気感は、皆さんの身近に感じることはありませんか。そして、まさにあなた自身がその大人の一人であったりしませんか?
企業、学校、地域や家庭において、隔離感や孤独感を感じている人が、自分らしい一歩踏み出すきっかけを持てたら、社会はより明るく、開かれたものになるはず--私たちはそう信じています。
個性や才能を押し殺している社会の枠を取り壊し、自分らしさを取り戻すキッカケをこのイベントから生み出していきます。
「もう、傍観者ではいられません」
参加者お一人お一人が具体的なアクションを一歩ずつ踏み出していってもらいたい、そして、踏み出す勇気を分かち合える仲間を見つけ、増やしてもらいたい、そのために、私たちはイマ、動き出しました。 プログラムは、第1部〜第3部までの構成が、参加者の明日からのアクションを生み出すためのストーリーを組んでおります。

「問題提起(引き寄せる)」→「体験・実践(掴む)」→「共有・仲間づくり(動き出す)」を通じて、参加者お一人お一人が抱えている問題意識の共有と、ご自身にお持ちのポテンシャルを膨らませていくことを目的といたします。 「世界は、あなたの踏み出す一歩を待っている!」
https://www.facebook.com/events/2173256149601778/?ti=ia

Japan Film festival in Los Angels受賞報告&現地日系移民の歴史

イメージ
皆様、こんにちは!
暑かった夏も間も無く終えようとしておりますが、
如何お過ごしでしょうか。

小生は映画「あまのがわ」がロサンゼルスのJapan Film Festival in Los Angels
で「最優秀脚本賞」を受賞いたしました!
二日間行われました上映会も大変反響をいただき、
拍手が上映後鳴り止まず、感極まりました。
いつも温かい応援を授けてくださっている多くの皆様に
心より感謝を申し上げます。






ロサンゼルスでは、連日感動の嵐でした! 特に鹿児島の方々との出愛いが満載で、 ロサンゼルスと鹿児島の心の距離の近さと所縁ある方々の多さに興奮しっぱなしでした。
写真は、「あまのがわ」出演者の竪山博之さんの元で演技を勉強されていた 映画祭主催の池田直之さん、鹿児島とご親族の関係で所縁があるロサンゼルス在住の 曽原みゆき監督、1950年代、そして、右にいらっしゃるのは、 鹿児島出身の男たちがアメリカへ渡った彼らを先導した人が「戦後移民の父」といわれる内田善一郎さんの息子さんご夫妻、素晴らしい鹿児島仲間に囲まれての受賞となりました!
ロサンゼルスと言えば、ハリウッドやロングビーチのイメージですが、 今回の出張で、日系移民の方々の苦労の歴史があることを知ることになりました。
上映が行われたのも、ちょうどジャパニーズ アメリカン ナショナル ミュージアムでしたので、大切なきっかけを授かったと思いました。
ミュージアムの中は、明治維新以降からの日系の方々の歴史が 時系列で大変わかりやすく展示されておりました。 明治以降、豊かな生活を求めて日本から生活の拠点を変えられた方が大勢おりました。 中国地方、四国地方、九州地方の方がメインだったと伺いました。 農業から飲食などを1から始められた中で、州の日本人に対しての差別や虐げは 大変だったそうです。 開拓した農地も3年で手放さなければならない、 日本人がアメリカに帰化することの禁止など、様々な不自由を強いられていたようです。




戦中は、日本人というだけで強制収用所に移されて、自由を制限された生活をさせられたとのことです。


日本人というだけで、どうしてこのように虐げられねばならないのか、 アメリカに移住した方々の気持ちは、日本人の精神や文化を大切にしながらも、 アメリカ人としての誇りを持っておられたとのことです。
戦時中に理不尽な…