言葉の使い方を変えることで...

うちの若いスタッフと接していると、
自分が下積み時代に学んだことを毎日のように振り返ります。
そのうちの一つが言葉の表現です。
「いちおう〜」「まだ〜」「でも〜」という表現はタブーにしてあります。
「まだ完成してない」ではなく、「現在鋭意着手中」
「できないかも」ではなく、「精一杯チャレンジする」
「ちょっと確認」ではなく、「しっかり確認」
言葉は心と繋がっていて、ポジティブな言葉は
自分の壁を乗り越えるキッカケになります。

これは「リフレーミング」という理論にも繋がります。
コップの半分の水を「これしかない」と取るか、「まだこんなにもある」と捉えるか。

物事の捉え方を変えるだけで、心の持ちようやモチベーション、テンションを
変えることができるというものです。
変わることを恐れるな、というのがポリシーです!

コメント

このブログの人気の投稿

自己開放感〜本当の自分であるために自分を開放していくこと〜

組織の成功循環モデルとレバレッジ・ポイント〜ワークショップサミット開催報告・質疑応答編・前編〜

現代に求められる人間の資質とは?