良いものを創りたい

今日も六本木でいろんな出会いがありました。
すごく楽しかったです。

そして、さきほどカメラマンとのMTGが終わりました。
思うのは、いろんな出来事がすべて大切に思えるのです。

僕自身は、既に死んでいる覚悟で生きてます。
で、27歳まで生きられました。

僕のできることは、作品を創らせていただくことだと思ってます。
だからすべての事象は、決して-はなくて、
それを+と信じられることが、
自分としての生きる意味だと思っています。

来月は、助監督時代に僕をしっかりと叱ってくれた
録音部さんと4年ぶりにお会いできそうです。

そんな出会いが嬉しいから、僕は作家をしていると思います。

今日の出会いは、また数時間後にでも書き記します。

そのひとときのリズムが、そのひとときの驚きが、
そのまま感謝につながれる自分が、
とても嬉しく感じられます。

コメント

このブログの人気の投稿

聖徳学園「シネマ・アクティブ・ラーニング」聖徳映画祭

学校というコミュニティの在り方〜茨城県立並木中等教育学校「 ALセミナー2017」〜

ZOOMによるオンラインコミュニケーショントレーニング講座