投稿

4月, 2008の投稿を表示しています

いけーー!!

イメージ
最終書き出ししています。
整音:中島康寛さん
音楽:和田誠司さん
一緒に朝まで、ありがとうございました。

朝話したとき、電話口でヘロヘロだったので
きっと今頃、爆睡されてることでしょう。
よく頑張ってくださいました!



滑り込みセーフでありますように。

メイキングがあがってきました

イメージ
デジハリの宮前賢太さんが撮影してくれたメイキング映像から、
一部分を切り取ってきました。

すごくステキに撮れてました。
現場の裏っかわをこうして観るのは、
感慨深いですね。

編集も後、少し!
今晩が山です。



取材ありがとうございました!
http://www.sugiyama-style.tv/archives/51356623.html

ロス:タイム:ライフ&スミレ16歳!!

どちらも大変話題の作品。
僕はこういう作品が大好きです!

僕はお笑いが大好きです。
幼稚園の頃から、さんまさんやたけしさん、
鶴太郎さんとか観てました。

こうして作品を創るようになり、
目指すは日本のティム・バートンな訳です。

いつかお笑いやコメディがやりたいので、
短編作品は、ストーリーをしっかり描きたいキモチから、
人生の機微をテーマに、ヒューマンストーリーにチャレンジしてきました。

スミレ16歳!!を拝見し、大変勇気付けられました。
スミレ16歳!!の制作部の方は、
koganeyukiの協力ブロデューサー:赤間俊秀さんです。

そして、セカンドライフ(3次元仮想空間)にて、
僕が初の邦画試写会を手がけさせて頂いた
映画「阿波DANCE」(主演:榮倉奈々、勝地涼)
を制作されたアットムービーさん!
http://www.awadance.jp/blog/2007/08/post_7.html

汗と涙をご一緒した方の携わっている作品が、
こんなにも感動する作品であることに、
感動しております。

日本がすんごくおもしろくなってきたな、って思いました!

koganeyukiはスミレ16歳!!のアイデアと似ています。
伝えたい気持ちは一緒です。

ほんと、伝えたい気持ちはすごく一緒に感じました。

いつか原作者の方とお会いしたいです。

タイトル作業

イメージ
残りは、
VFXの船戸賢一さん、
整音の中島康寛さん、
音楽の和田誠司さん
との連携で完成を目指します。

僕の方はタイトルやらVFXの作業をしてます。

お仕事の関係で、倉科カナさんより先に、
天野浩成さんと栗原瞳さんに
完成版を観て頂くこととなりそうです。

お二人に、感想頂いて参りますね。
記念写真もできたらアップしたいと思います。

近々、お会いして参ります!

てんてこまい

帰宅しました。
今日は埼玉にて、起業家の集まりがあり、
勉強会&懇親会をして参りました。

終電ギリギリで作業場に戻れました。

��5日も〆切りの映画祭があるため、
これから作業に取りかかろうと思います。

最後の仕上げは、
音楽のブラッシュアップ、
VFXの書き出し、
タイトルVFX制作、
カットつなぎ制作
と続き、

日曜日に、完成版に向けて整音
そして、カラコレがあります。

まだまだおおわらわです。
koganeyukiが終わったら、
少しお休みがしたいと思いますが、
なかなかそうも行かないみたいです。

完成したら、まず出演者の方やスタッフ、
そして、デジハリ関係者への内輪試写会をやりたいと
思っております。

皆様をお誘いするまでに、少し時間がかかりそうですが、
早くお披露目できるよう最大限努めますので、
ご容赦頂けたらと思っております。

お昼までには、なんとか劇伴(BGM)とタイトルを完成させて、
映画祭審査に出したいと思います。

この映画を取り上げてくださっている出演者ファンの方々、
私の身の回りの方々、スタッフ、
そして、ネットを通じてお会いさせて頂いている方々に、
心から感謝致します。

夏が来る

��月も間もなく終わろうとしています。
毎月、毎月、いろんな出会いと共に、
何かの予感を掴んでおります。

koganeyukiは、
これからカラコレ(色調整)と整音作業に入ります。
後もう少しです!

合間合間で、
大黒摩季さんの「夏が来る」を聴きながら
作業してます。
発売されたのは、僕が中1のころ。
旋律がすごく好きで、よく聴いてました。

歌詞が素晴らしい。

字幕入り30分納品

イメージ
��0日消印にて、koganeyuki30分バージョン納品しました。
これで二つ目の映画祭です。
今回はサブタイトル=字幕入りです。

これでもう2つの海外映画祭に提出ができます。
翻訳の伝を探してくださった相見高志、下西弘二プロデューサーに
大感謝です。

引き続き走り続けます。
映像は、思っているよりも時間のかかる媒体です。
ちゃんとやっているはずなのにエラーを出したり、
予想外の書き出し時間がかかったり、

予想してない状況に陥ったときに冷静な判断を求められることが、
映画の世界にはとても強いなと感じます。

このブログでも、僕の感じたことをちょっとずつ、
お伝えしていけたらよいなと思っています。

月曜日は、毎週とあるスクールにて
「映画プロデュース」という講座を担当させて頂くことになりました。
と思っていたら、もう今日ですね。

授業の準備をこれからします。


koganeyuki完成まで後10日

ようやく「ほわいと。ポーズ」の編集が終わりました。
長い闘いでしたが、上映に向けて悔いのないよう、
この一週間、ひたすらパソコンと睨めっこでした。

「ほわいと。ポーズ」は夏のお話なのですが、
「koganeyuki」は秋・冬のお話。

「サクラ、アンブレラ」から春、夏、秋、冬と一周できた訳です。

僕が作品を撮り始めると決めたとき、
自分の中での思いがありました。
短編をしっかり3つ完成させようと。

「サクラ、アンブレラ」/1作目は現場での演出
「ほわいと。ポーズ」/2作目は脚本
「koganeyuki」/3作目は編集・VFX

をしっかり落とし込もうと決めていました。
��つ創らせて頂き、23の時の夢はもうすぐ実現しそうです。

koganeyukiをしっかりみなさんにお届けできるように頑張ります。