koganeyukiメイキング素材取り込み中

急遽、この作業をすることになったのも、
撮影してくれた宮前君のパソコンの調子が悪くなったため。

ロスに行く前に仕上げてしまわねばと、
デジハリから久々にZ1Jを借りて取り込みしている訳です。

久しぶりのZ1J、重たっ!
��55ばっかいじってると、テープの付いている中型業務機の
重たいこと重たいこと。

この重力の差は、慣れないものです。

090414.jpg

で、宮前君からテープを引継ぎ、今作業しているのですが、
もう一年半前もの風景が甦ってきて、
思わず感慨深くなりました。

先程リンクした記事にも書いてありましたが、
ボランティアで未経験スタッフばかりでしたので、
本当に大変な撮影でした。
頑張ってくれたスタッフは勿論、
倉科さん、天野さん両主演キャストには心より感謝したいと
思います。

一年前の僕はまだまだ全体を見られるほどの力量がなかったので、
こうして改めてスタッフの方々が手伝って、
懸命に動いてくれているのを見ると、
本当にありがたいなという気持ちがこみ上げて参ります。

なんだか、メイキング素材を取り込む作業、
自分でやれて良かったと思いました。

本当に素晴らしい仲間に助けられて、創られたんだなと。

相見さんも記事の中で言っていますが、
途中いろんなトラブルがあり、
僕は完成を信じていましたが、
仲間たちは不安で仕方なかったと思います。

洋服店が突如、NGになったり、
衣装がなかったり、
雪が無かったり。。

銀杏や雪などの季節ものをこの規模でやるなんていうのは、
奇跡に近かったのでしょう。

間をあけて五日間撮影をし、
その分予算は高くなり、
スタッフもずっと拘束できない訳ですから、
モチベーションだったり、予定の変化だったり、
はたまた心情の変化だったり。

今日、自分が授業で語った通り、
映画はいろんな気持ちから創られるのですが、
一番大切なのは、仲間との呼吸だったりするかも知れません、
現場では特にね。

そんなことをしみじみと感じさせられている
取り込み作業です。


コメント

人気の投稿