丁寧さ

倉科さんのことがあり、
一斉に電話いただいております。

わが子のようにうれしいです。
今月はハリウッドで上映。
DVDリリースのため、電話打ち合わせが続きます。

喜びとはその都度その都度のストーンマイル
今ここにいるんだな、っていう自分を振り返る材料になります。

喜びはその瞬間に輝くものではなく
そこから始まる未来に輝くもの

だから一喜一憂という考えは僕には全くありません

賞をもらっても、それがうれしいんではなくて
そこに集う人の笑顔がうれしかったりします。

今回もまたしかり
周りの人の笑顔がうれしい

先ほどまで長電話が続いてましたが、
今日はこのあたりで切り上げて
養生します

見舞いに来てくれた人を驚かせてはいけませんね
病室にいないってw

コメント

このブログの人気の投稿

アクティブ・ラーニングが社会に必要な理由(1)

アクティブ・ラーニングが社会に必要な理由(2) 〜ALと「世間」との関係〜

自己開放感〜本当の自分であるために自分を開放していくこと〜