山形長編への挑戦

今月は、脚本家2名と山形への長編映画に向けての
チャレンジをしています。

あとで写メ撮りますが、膨大な量のノートが散在しています。
僕がなぜ、この題材に取り組むことになったのか、
はっきり判らないんだけど、それをやることに、
必ず何か動かせるものがある確信があるからだと思います。

描きたいのは、「死と生の一体感」、
多分そんなキーワードが、劇中の二つのモチーフに繋がっていると
思いました。

タイトルは決まりました。
後は、登場人物の気持ちをしっかり描いていきたいと思います。

提出まであと五日。
いつものように大運動会です。

コメント

このブログの人気の投稿

承認欲求を捨てられた人、捨てられない人〜南海キャンディーズ山里亮太さんと議員・丸山穂高氏〜

生徒という呼び名をアップグレードさせよ!

自己開放感〜本当の自分であるために自分を開放していくこと〜