アンケートを上手に使える講師とは?

みなさん、こんにちは。
少しずつ気温も来て、汗ばむ日も出てきましたが、
如何お過ごしですか。

先日の玉川大学・小酒井研でのシネマ・アクティブ・ラーニングを
ゼミ生の方がブログに投稿してくださいました。
よかったらご覧ください。

アンケートも満足度の高い評価を頂き、加えて貴重なNEXT STEPも
個々人まちまちに頂けたことがとても嬉しかったです!
大変参考になります。

駿台予備校時代もアンケートってありました。
予備校講師は、生徒の評価が先生の価値を決める一つの指標でもあります。

10年前は、アンケートの成績ばかりを気にしていたのですが、
大切なことは、実はこうなのかなと思っております。

東進スクールの林修先生は、徹底的にアンケートを見て、
その中から悪かった評価を探し出すということなのです。

ベテランの講師になっていくと、中には
アンケートなどくだらないと捨ててしまうと言われる方もいて
びっくりしましたが、
生徒の気持ちを大切にして、向上心を強く持っている人こそ、
真の講師なんだろうなと思っております。

・三流の講師は、アンケートを無視する
・二流の講師は、アンケートの良い部分しか見ない
・一流の講師は、アンケートの悪い部分をしっかり受け入れる

教える側は、いくつになっても謙虚さを忘れず、
向上心をもって、成長を求めていく必要があると感じております。






コメント

このブログの人気の投稿

広島城北中学「シネマ・アクティブ・ラーニング」

武蔵境・聖徳学園「シネマ・アクティブ・ラーニング」第7週〜第10週(最終週)

聖徳学園「シネマ・アクティブ・ラーニング」聖徳映画祭