聖徳学園とアクティブ・ラーニング

皆さん、こんにちは。
本日は、武蔵境にあります聖徳学園さんを訪問して参りました。
英語科の小野先生からのご依頼で、校長先生に当社松本と共にご挨拶に伺いました。

玄関で出迎えてくれたのはPEPPER君!
物珍しそうに興味津々な松本は積極的にPEPPER君に声を掛けるも、
話がチグハグ(笑)
ご機嫌斜めなのかしら?

聖徳学園さんでは、小野先生を筆頭にアクティブ・ラーニングを積極的に
取り入れているとのこと。
また、商店街と密着したフリーペーパーやJICAさんと連携を取って
ベトナムで職業体験ツアーなども行われており、
その校風に二人して素晴らしいなと共感のしっぱなしでした。

伊藤校長先生には、小生が駿台予備校の講師であったことや、
カウセンラーを目指していたこと、
社会と繋がるアクティブ・ラーニングを開催していることを
お伝えさせて頂き、大変関心を示してくださったのが嬉しかったです。

聖徳学園さんでも、教職員研修を積極的に取り組まれているとのことでしたので、
教職員の方と生徒がフラットな関係でグループを作りながら、
学びの楽しさや双方の考えや気持ちを伝え合う発想法の事例をお伝えしたところ、
校長先生より、目から鱗とお褒めの言葉を頂き、とても嬉しく思いました。

先生と生徒が立場を越えて、本音をぶつけ合います。

アメリカの教育現場を視察された校長先生のお考えから、
ドラマや映像制作の仕組みを積極的に教育現場に取り入れたいとのことでしたので、
とてもお話が弾みました。

また同行させた当社・松本は、オリックス株式会社に勤めた後に、
行政書士の資格を取ったので、
現在、小生と同じ下北沢聖徳高校で経営・起業の講師を年間で勤めております。

聖徳学園さんでも、社会起業家への関心を強く持たれているそうでしたので、
松本の下北沢聖徳での授業の取り組みも、とても関心を示してくださいました。

こうして、映画監督・コミュニケーションデザイナーの小生と
行政書士・コーポレートデザイナーの松本が一緒になって
各学校さまのニーズにお応えできる準備ができていることは、
何より光栄なことだと感じております。

松本と小生とPEPPER君!


学生さんたち、そして教職員の方々が、
今ある学びが社会のどこにつながっていって、
誰に向けてこの学びが活かせていけるのか、
そんな反転方向の考え方の教育の在り方が、
各地でドンドン広がっていることを肌身で感じて、
とても嬉しく感じております。

校長先生のステキなお人柄が校風を象徴しているように感じました!

これから、各地でこのようなムーブメントがドンドン起こっていくと思いますので、
そのお手伝いを積極的にさせて頂きたいと考えております。

コメント

人気の投稿