最近よく聞くリーダーシップの必要性について

アクティブ・ラーニングに関して活動していると、
主体性、自発性を促す教育という流れから、
ダイバシティ、グローバル化に対応できる人材が求められているという
考えが社会に広がっている気がいたします。

ともすると、
アクティブ・ラーニングはリーダーシップを育成する仕組みでしょ、
みたいな話もちらほら聞かれますが、小生は違っていると思います。

日本は受け身の環境、相手の空気を読む雰囲気が強いので
主張ができない、国際社会で勝てないということを感じることはあります。

小生も仕事がら、会社を経営して、映画を監督する立場なので、
リーダーシップの気持ちを持つことは大切だと思っております。

ただ、リーダーシップを持つのは、チームの中の一部であって、
リーダーを補佐する人もいれば、
陰で支える人もいて、いろいろな才能のある方がいるわけです。

確かに今、日本にはリーダー的存在が少ないという感覚はありますが、
リーダー意識を創出するだけではなく、
チーム・組織でどのように個性を伸ばし、
それぞれが才能を尊重しながら、
連携を取っていくかの心構えが大切だと思っております。


コメント

このブログの人気の投稿

2:6:2の法則が4:2:4の法則に?!

武蔵境・聖徳学園「シネマ・アクティブ・ラーニング」第1週〜第3週

広島城北中学「シネマ・アクティブ・ラーニング」