究極のツラさから、そのシアワセへ

仕事と映画公開で忙殺されている中で、
少しでも、自分「らしさ」の時間が欲しくて、
ブログというものは、そんな振り返る、低姿勢だったりする。

いろんな人に支えられ、ここまで来たと思う。
毎日、毎晩がお礼周りで、それは自分の未熟さを受け入れると共に、
これからの大きな行動の姿勢に対する決意表明だったりする。

��7の僕が今できることを、今しかできないことを
やってみたいと思います。


シアワセというのは、なんなのかと考える。
夢をつかむことだったり、個人として人を強く愛したり、
僕らは生きているのではなく、きっと生かされているのだと思う。

その生かされている中で、「いきる」には、
人を「りかい」することが大切だと思う。

けして、けがす必要はなくて、そんな中に、自分の成長がきっとあり、
その、ふとした、「すきま」にしあわせは、隠れていたりして、
フッとうまれてくるものだと思う。

僕が生きていられるのも、そのふとしたシアワセが毎日あるからこそ。
過酷な毎日の裏腹に、一日に数秒でも見えるシアワセを、
どでかいシアワセにして返したい、
クリエイターとして、それだけがしたくて、
僕は生きていると思うと、また、そこにふとした幸せが生まれるのです。

コメント

このブログの人気の投稿

広島城北中学「シネマ・アクティブ・ラーニング」

【御礼】映画「あまのがわ」クラウドファンディング目標達成いたしました

武蔵境・聖徳学園「シネマ・アクティブ・ラーニング」第7週〜第10週(最終週)