僕はいつも泣きっぱなしです

作家だからとか映画監督だからとか、
そういうことではなくって、
僕は人の感情に人一倍、敏感です。

こんなステキな夜だから、
仕事が溜まってるんだけども、
��2時間だけ、忘れようと思いました。

ちょっと疲れました。
師匠はすごいなと思います。

僕は師匠になれませんが、
師匠と違う道を進む作家だと思っています。

大先輩のEプロデューサーが
コニーはコニーなりの創作を追究しなさいと
メールを頂いたときは、とても感激しました。

僕は、やっぱり自分の諸先輩たちが、
歩んできた道が、ある意味の道しるべであるから、
そうなるべく精進してきたけど、
僕はそうはならないんだなと、
そんなリアルと立ち向かうと、

僕に対するチュートリアルはないんだなと思うんです。

ないんです、僕の生き方に対するマニュアルは。

普通は、部長がこうしていれば昇進できるとか、
こんなふうに経営してれば会社は軌道に乗るとか、

ないんです。作家ですから、
誰もしてこなかったことですから。(本当かな?)

だから、毎晩、自分との戦いだったりします。
人の10倍仕事をしても、それは自分には勝てないから、

そんなとき、ふと、見えるのは、
生きているということは戦いではないということなのです。

だから、今日は12時間だけ、仕事を一切忘れます。
その変わり、明日の八時半から人の10倍は作業します。

飯島愛さんの気持ちは120%分かる気がしますが、
お会いしてないので、全く分かりません。


コメント

このブログの人気の投稿

聖徳学園「シネマ・アクティブ・ラーニング」聖徳映画祭

学校というコミュニティの在り方〜茨城県立並木中等教育学校「 ALセミナー2017」〜

ZOOMによるオンラインコミュニケーショントレーニング講座