長編初監督に向けて

��年前にデジハリ入学直後に提出した
デジハリドリームジャンボ2というプロジェクトで
映像部門に唯一残ったのが僕の企画でした。
http://www.dhw.co.jp/ddjp2/application.html

そこで木村元子さんやら蒼々たる方々と
何ヶ月にも及ぶ企画開発をさせて頂いた経験があります。

大変しごかれたのを覚えてます。

で、山形国際映画祭に提出する長編映画、
東北での撮影が必須なのですが、
今年からこんな風に変わった訳です。
http://www.catvy.ne.jp/ymf/pdf/sukara.pdf

昨年だったら既に500万円の援助が決まっていたのですが、
よく周りからは去年だったらよかったのにね、
と言われますが、僕は全然そんな風には思っていないのです。

予算の額とか、そういうことが大切ではなく、
ストーリーと体制に見合った予算が必要だと思っています。

��年前に描いていた企画が、今回の東北企画のテーマと
大変近しいモチーフがあり、
この2ヶ月でその落とし込みを図るべく、
まずは、年末年始、山形に出張しようと考えている訳です。

創る意味のあるもの、そして、
お客さんが観ていただいたときの気持ちを第一に、
��年前のストーリーを発展させていきたいと思います。

コメント

このブログの人気の投稿

聖徳学園「シネマ・アクティブ・ラーニング」聖徳映画祭

学校というコミュニティの在り方〜茨城県立並木中等教育学校「 ALセミナー2017」〜

ZOOMによるオンラインコミュニケーショントレーニング講座