脱稿!

小説を描くなんて、久方ぶりで、
描くことが、自分にどんな意味があるのだろうと、
そんな悩みを少しも持たず、手が描き始めていた。

大親友の小野寺監督への畏敬でもあるのだろう。

無事、脱稿して、自分としては、この小説は、
人に見せて楽しませるレベルの、
もしかしたら僕の映画を観てくれている人は、
その色合いが思い起こされるテイストに仕上がったかも知れない。

選考に漏れたとしても、ちょうど、この小説の季節と同じ、
冬~春の季節に公開したいと思います。

字数は6500字程度に収まりました。
何回か小分けに見せても面白いかも知れませんね。

僕の渾身作、どうぞお楽しみに!!

ーー
レス、お待たせしてました。
mixi/メール含め、返信させてもらいますね。

コメント

このブログの人気の投稿

聖徳学園「シネマ・アクティブ・ラーニング」聖徳映画祭

学校というコミュニティの在り方〜茨城県立並木中等教育学校「 ALセミナー2017」〜

ZOOMによるオンラインコミュニケーショントレーニング講座