僕が映画を創る理由

メモ描きみたいですが、
心に刻むと共に、残しておきたいと思いました。

僕にとって、人生は、仲間が主人公なのです。
その人たちは、素晴らしく輝いている。
だから、僕は、そんな素晴らしい人たちと会った気持ちを
作品に紡ぎたい。
それが、自分にしかできないことだと、確信があるから。

コメント

このブログの人気の投稿

承認欲求を捨てられた人、捨てられない人〜南海キャンディーズ山里亮太さんと議員・丸山穂高氏〜

自己開放感〜本当の自分であるために自分を開放していくこと〜

Japan Film festival in Los Angels受賞報告&現地日系移民の歴史