出愛方程式「HC=M*A」

昨晩外で年賀状を書いていると、ふと「コニーちゃん?」と呼ばれる声がして
誰かと思いきや、行きつけの定食屋の常連さんでした。
思わず、立ち話。
思いがけない知り合いとのひょんな遭遇からお互いの近況報告、
毎日のように起こります。

そこで話題に上がることは、双方でモヤモヤしていた内容だったりして、
お互いにここで会えてよかったねとなるわけです。

ここまで面白い出会いが続くと、そこにはきっと何か法則のようなものがあるのではと
ふと考えた訳です。

出会いには二種類あると考えてます。
「出愛」と「出哀」

前者の方は、「この人と会いたかった!」「この人探してたんだよ!」という
感動の出会い。
後者の方は、「なんでこんな人と会っちゃったのんだろう」「会わなければよかった」
という残念な出会い。
自分なら勿論前者の出会いを求めます。

小生も、様々な人と出会い、後者のような出会いも山ほど体験して参りました。
ただ年を取るにつれて、後者の確率が段々減っていくことに気づきます。

何が変わったんだろうと考えるときに、
二つのキーワードがありました。
それは「ミッション」と「感謝」です。

ミッションは、今自分が何をやりたいか、どんな自分でありたいかを
心の中に具体的に描き、そこに前向きに努力していく姿勢のことです。
漠然と「お金持ちになりたい」「有名になりたい」ではダメです。
自分の等身大を見つめながら、そこにひたむきに向き合い、
必ずそれを達成させるんだという強い意志のことを指します。

もう一つの感謝。
こちらも単に「ありがとう」を連呼するだけではダメです。
「どのように有難いのか」「有難いと感じるのはなぜか」を
ちゃんと考えながら、感謝をすることが大切で、
そうすることで、自分が今までないがしろにしていたり、
軽視していたことですら、実はとても尊いことに気づかされるのです。

この二つの事象を掛け合わせることで、
「出会い」が「出哀」ではなく「出愛」になると思いついたわけです。

「出愛」は様々なご縁を引きつけ、自分の知らないところでも、
その人にとってプラスとなる動きが起こってくると思います。

日々向き合うことは、そんな誰かと誰かのプラスな動きを
ワクワクしながら行動していると、
自然と自分がなりたかった自分に近づけるのではと思っていたりしております。

なので、出愛=Happy Chanceとすると、
Happy Chance=Mission×Appreciationという方程式に考え付いたのです。


コメント

このブログの人気の投稿

武蔵境・聖徳学園「シネマ・アクティブ・ラーニング」第1週〜第3週

広島城北中学「シネマ・アクティブ・ラーニング」

【御礼】映画「あまのがわ」クラウドファンディング目標達成いたしました