短編映画「わかれもの」

皆さん、こんにちは。

一月の底冷えが和らいで参りましたね。
周りではカゼや体調を崩されている方が多いみたいです。
お変わりありませんか。

私は、年末〜数日前まで、駆け抜けた一ヶ月半でした。
最新作に当たります短編映画「わかれもの」の制作をしておりました。

自身にとって、四作目に当たります作品で、
「koganeyuki」以来のストーリー仕立ての大きな規模の短編映画でした。

業界でいろいろなことを勉強してきて、間もなく30を迎えます。
30まではしっかりと短編映画を勉強することをテーマに、
23歳から今まで映画業界に携わって参りました。

短編映画の魅力や面白さ、そして映画を通じて波及していく地域の魅力や
関わる人たちの温かさ、
今自分が持っている全てをつぎ込もうと、制作した作品です。

準備やご挨拶回り、キャストやスタッフの声がけなど、足掛け2年近く掛かった
作品でしたが、発起してとても良かったと思っております。

映画は携わる数が、想像以上に多いため、
思わぬところでトラブルや、労苦が多々出て参ります。

ただ言えるのは、その人たちに理解してもらい、
撮影をさせてもらうという、制作者側の気持ちが大変大切だと感じております。

時間、お金、関係者、天候などなど、いろいろな条件が重なり合う中で、
トラブルを回避することも大切なのですが、
トラブルが起きたときにどう対処していくか、
実は後者の方が大切だったりすると感じております。

さて、今回のロケーションは山形の赤湯駅で始まりました。

風情のある駅舎です


中もステキ!;)

山形鉄道名物列車。「Swing Girls」列車もあるんですよ☆

駅員役の高山かなさん

来渡[くると]役の佐藤凛くん

総勢30名近くのスタッフとキャスト
今回は、完全自主体制での作品制作で、集まってきてくれた方々は、
身近な仲間たちが一斉に集ってくれました。
年末年始を挟み、いろいろな事情が出てきた準備段階でしたが、
工夫と努力でクランクインを迎えることができました。
(次回に続きます)

コメント

このブログの人気の投稿

2:6:2の法則が4:2:4の法則に?!

武蔵境・聖徳学園「シネマ・アクティブ・ラーニング」第1週〜第3週

広島城北中学「シネマ・アクティブ・ラーニング」