2010年11月24日水曜日

無事シノプシス脱稿

デジハリから発信しております中編映画「クローバー」
プロデュース周り、大学生やデジハリの中核の方々が、
大変力強く動いてくださっているみたいです。

おいらは、今回は、演出に専念する立ち位置で、
長編映画の準備が本格的に始まる前の来年春前に向けて
みんなで撮影準備が始まっております。

映画は企画開発から始まります。
ディベロップメントというのですが、
原作から映画化したり、オリジナルからお話を作ったり。

大手の場合は、原作から掘り出して映画化する場合が
殆どですが、
オリジナルから作るような作品は、
ストーリー性が強くてとても大好きです。

おいらが何年か前に賞を頂いた桝井省二プロデューサーさん、
大学院でお世話になった佐々木史朗プロデューサーさん、
東京国際でお会いしたことのある小椋悟プロデューサーさん、
デジハリで土井先生からご紹介頂いた李鳳宇プロデューサーさん、

自社企画を動かしている第一線のプロデューサーさんですね。

呪怨の一瀬プロデューサーさんは、海外でも著名なプロデューサーさんですね。

おいらが主にやっているのはインディペンデント=自主発信企画映画ですが、
チャンレジは、世界に繋がるストーリー性!

頂いている長編映画の企画は、大手発信ではありませんが、
原作から脚本をライターさんと一緒に描いており、
今回の中編映画「クローバー」はおいらの独自の原作です。
企画開発には、かれこれ10ヶ月が掛かっているのですが、
いろんな取材や、下調べ、映画のリサーチを重ねて今に至ります。

先ほどお話ししたディベロップメントは、企画開発と日本語では表現され、
脚本を描く前に(おいらは本をカクは敢えて、この描くを使います)する作業が
シノプシス制作。粗筋ですね。

大体一ページに登場人物、そしてもう一ページに粗筋を描きます。
それが固まったらロングシノプシスと言って、10〜15枚程度の粗筋を描きます。

描き方は、小説/エッセイ風に書いて構わないので、
登場人物の背景や、心情変化が判るように細かく描くのです。

で、先ほど、そのロングシノプシスの作業の初稿が終わりました。
長かったー。

イレギュラーなお願いや相談やメールが多すぎです(笑)
ここ一、二ヶ月は驚く位、いろんな人から連絡が沢山ありました。

その都度、作業も中断しなければ行けなかったので、
こんな風によなよなペンギンになりながら、よなよな執筆をしていた訳です〜、よなよな♪

おいらのiPod touch(通称タッちゃん)とiPad(通称パッちゃん)が
大活躍してくれているので、次回は外からブログが書けるかな。

そうそう、おいらのお友達の「きりたにかほり」さんの東京初個展
おいらが大好きなイラストレーターさんです!

是非、恵比寿に駆け付けてあげてください!
http://taiyonomiyako.com/kokuchi/kirikoten101120_LP.html
ご案内が遅れちゃいましたが、27と28今週末やってます!

おいらは月曜のライブのあるときに伺いましたが、すごい盛り上がり!



熊本出身のきりちゃんと、ライブをしたバタコさん、吉田敬さんの繋がりで
九州人ばっか!

オーナーさん以外の話しかけた全ての人が九州でした♪
新しいお友達も沢山できました。
なぜか九州人コミュに誘われて、今度九州飲みにお誘い頂けるみたいです(笑)

お料理を担当されたKEITAさんともお友達になりましたよ! So Yummy!! :D
http://ameblo.jp/casak/

他にもたっくさんお友達ができました。
きりちゃん、ステキなご縁をありがとうね☆

これからも応援しております!:)

0 件のコメント:

コメントを投稿