2010年11月19日金曜日

中編映画「クローバー」プロジェクト発足!

皆さん、こんにちは。

毎日、本当にいろんなことが沢山起きています!
ご案内やご相談やお誘いもお返しするだけでも精一杯な位沢山。

来年は、長編映画の企画を頂いており、
これに向けて監督業にシフトをしていこうと思っております。
この6年間、本当にいろんなことを体験させて頂きました。

右も左も判らないまま、映画の業界に入り、
本当にいろんなことを体験させて頂いたのが23歳のとき。

会社を立てることになり、これも右も左も判らぬまま、
経営や会計、資金調達などを勉強したのが26歳のとき。

そして、今年29歳になりいろんな変化が起きております。

いろんなことの無茶ぶりがしっかりと形になって参りました。
まだまだ至らない点は多々ありますが、

いろんな監督さんの現場で学んだ演出部や制作部の作業、姿勢、
そして経営者、プロデューサーとして学んだ、
ファイナンス、法務財務、配給・宣伝作業など

一連のことをさせて頂いたことが、
これから監督業に専念できるきっかけとなりました。おいらの場合なんだけどね。

偶々仲の良いお友達の女性監督さんが、
似たようなことを言っていたのを覚えてます。
とある外国の監督さんの話なんだけど、
4年間掛けて作った長編映画で一連のことを学んだ御陰で
その後の自分の身の振り方が判ったという話。

おいらは、これから監督業に専念をしていくような体制で映画創りをさせて頂きます。
勿論、いろいろとプロデュースの面に参加することはあるとは思いますが、
今からは、仲間にパートパートをお任せする姿勢でいたいと思ってます。

今まで必ず自分が手を出してきた部分を
お任せする体制を取れるようになったことが何より嬉しいことです。
その分、おいらはストーリーや演出に専念させて頂こうと思っております。

持ち込みで頂いている映画企画、進行中の映画企画が数本あります。
それをしっかりと仕上げて来年の長編映画に臨んでいくつもりです。

そして、デジハリ発信型の中編映画「クローバー」、
近く正式にリリースされる予定です。どうぞ、お楽しみに!

あら、そんな間にもまたステキなメールが!
ありがとうだ、不思議なご縁に!:)

さあ、これからまだまだ始まるいろんなことに、
一つ一つ向き合って参りたいと思います。

勿論、時々、突発的なトラブルは何個か起きるんですけども、
不思議なことに、どれもすぐに収束してしまうんですよ。
その分、それがプラスな働きに変わるんです。

人を知る、出来事を知る、全てトランポリンの沈みみたいなもの。
一旦ヘコンだとしても、反動で大ジャンプできたら、ステキじゃないですか♪

全てご縁だから、笑顔で向き合って参りましょう。
びっくりするような笑顔は、続ける人にふと、訪れるものです。
なんとかなるもんです、逃げなければね!:)

0 件のコメント:

コメントを投稿