SCF「地域映画合戦2012」閉幕〜笹塚フィルムフェスティバル/東葛映画祭

皆さん、こんばんは。
今日は気持ち、少し温かかったかなと思える感じでした。
お変わりありませんか。

2月は、光陰矢の如し、あっという間に3月ですね。
「ソーシャルシネマフェスティバル-地域映画合戦2012-」
皆様のお陰を持ちまして、無事閉幕することができました。

最終日は立ち見が出る状態で、大盛況の内に終えることができました。
参加監督、支えてくれたサポータースタッフ、そして来場者皆様と劇場関係者様に
心より感謝致したく思います。

名画座「シネマ・ジャック&ベティ」前にて

最終日は満員御礼でした!
グランプリを取られた「あおとんぼ」が地元紙で取り上げられました
これから今年の反省点を元に、来年は「時代劇」部門を設けたさらに成長した映画祭に
して参りたいと思っております。
この映画祭を通じて、地域の魅力や制作者皆様の活動を知ることができました。
そして、映画を通じて地域の魅力を引き出すことができる可能性を知りました。
映画祭は、このような「場所」を提供していき、そこで生まれる交流を引き続き、
追究して参りたいと思っております。
「炎夏enka~夜藝の湖畔~」の林はるの監督を囲む地元の方々
映画館に地元の方々の声援が飛び交いました!
監督さんの人柄と、映画に対しての熱い想いに感動しました
この映画祭を通じて、自身もいろいろな発見を致しました。
地域と地域が交流をしていく橋懸かりの一つを映画が築いていく、
そんなきっかけが感じられた三日間でした。

映画祭の開催前、
私の前作「わかれもの」が笹塚フィルムフェスティバルにて「奨励賞」を受賞致しました。
会場に駆けつけてくれた池田優菜さん、村田桂さん、
ヘアメイクの西村リサさんご家族ありがとうございました!
「わかれもの」とても想い出深い作品を制作させて頂きました。
自分が二十代最後に作った短編映画にして、いろいろな方々のご協力、
そして気付きがあった作品です。
参加者皆さんで記念写真を致しました!
そして、東葛映画祭でもノミネート上映をして頂きました。

スタッフ、MC皆様の温かさが触れられる映画祭でした!
こうして、いろいろな出会いを経て、現在の私がおります。
生活をしていく中で、いろいろなことが進んでいく反面、
いろいろなものが集まり、そして溜まって参ります。
それは栄養でもあり、時としては、行く先を阻む岩のようなものでもあります。

私たちは、自分の体の休息と共に、時々体を休めながら、
心の休息を取ることで、自然と溜まってしまった未来を妨げる障害物を
取り払うことができるのだと思います。

人は、決して自分一人では行きていけません。
その障害物を取り払うのでさえ、誰かの助けや師の助言が必要であったりします。

そして、私たちは何かにぶつかったときにそれを省みて、
軌道修正をする力を持っております。

決して、何かがあったらばそこで終わりではありません。

その軌道修正を掛けて、私たち人間は、人生と言う航路を心地よく進んでいく為の
知恵を学び取ります。

自分が幸せになるということは、誰かと話し、誰かの声を聞き、
そこから自分がどう動くかを学んでいくそんな努力の末に見えてくる空のようなものだと
常々感じます。

生きることは大変苦労がありますが、その苦労は今だから苦労に思えます。
もう少しだけ頑張ってみることで、昔の苦労はちょっとした未来からすると
幸せにきっかけだったりすると、そう感じながら、日々精進しております。

コメント

このブログの人気の投稿

2:6:2の法則が4:2:4の法則に?!

武蔵境・聖徳学園「シネマ・アクティブ・ラーニング」第1週〜第3週

広島城北中学「シネマ・アクティブ・ラーニング」