2012年3月14日水曜日

情報と田舎〜震災一年後の前後一週間〜「その1(二本松)」

皆さん、おはようございます。
昨日、福島より戻って参りました。

まるまる六日間、東京を離れておりました。

まずは、二本松市で友人のご実家の引っ越し作業をお手伝い致しました。
築百年以上もする古民家
この家たどり着く為に道の雪かきから始まりました。
こんな道をひたすら雪かきするわけです!
このお家は、震災が起きる一年前に還暦の方が一人暮らしをしながら、
野菜を使った漬け物や、体に優しい食品の製造、販売を手がけるために
移られたお家とのことです。
死ぬまでここにいる覚悟で住まわれた家を人災による放射能汚染で
理想とする食品をこの場所で作ることができなくなったため、

止むなく他県へと移住することを決められたそうです。
二階はお蚕さんをされていたそうです。
迷路のようなこのお家は百平米以上もの大邸宅
(次回に続きます)

0 件のコメント:

コメントを投稿