「ノー・ヴォイス×ワールドカフェ」&「映画制作×子供の学び」

皆さん、こんにちは。
三連休だそうで、まだ梅雨は空けておりませんが、
子供たちは夏休みの装いですね。
如何お過ごしでしょうか。

お陰さまで、「ノー・ヴォイス」は、大学生や高校生から
映画の上映会を行いたいという声を頂いております。

大学生の方が主体でやられた上映会では、
おいらがファシリテーターとなって、上映会後、ワールドカフェを開催しました。

学生さんたちが、手作りでリーフレットや案内などを作られており、感銘しました
当日は、上映会のみが40名程度、上映会後のワールドカフェが20名程度、
犬猫を取り巻く日本の現状を知り、感じたことを、学年を越えた仲間たちと
積極的に話し合ってくれました。
学年を越えた4名が1テーブルに付き、気軽な雰囲気でお題について議論して行きます
二十歳前後の学生さんに教えるのは、久しぶりです。予備校講師時代が懐かしくなりました(笑)
ずっと、予備校で物理の講師をしていたおいらにとって、
受験の仕組みに疑問を持ちながら、
机の上で自分とだけ向き合う勉強以外の仕組みがあるのではないかと
この数年ずっと考えてたいこともあって、
映画×ワールドカフェの形態で、各々が一つでない答えを探りあう空間を
共有することができたことは、自分にとっても大きな気付きになりました。

映画を観た後の高揚感や世界観に浸った状態の後に、
想いをぶつけ合い、交わし合い、共有させて行くことに、
自分の考えと相手の考えの共通部分や違いを理解していくことで、
能動的な知的交配をさせることができるのではと考えております。

是非、この「映画上映×ワールドカフェ」は大人の方に向けても積極的に
行って参りたいと思っております。
貴重な感想も沢山頂きました。学生の皆さんに心よりありがとう!:)

さて、今週は、おいらの地元の高円寺で、小学生向けの映像教室を開催します。
このワークショップは、映画の制作を通じて、
映像の楽しさを知ってもらうだけではなく、
映像の理論や脚本の作り方、撮影の手法などを学びながら、
一つの作品をチームで完成させることにより、
個人の表現力や集団でのチーム力、コミュニケーション力の向上を
図っていくというプログラムになっております。

こちらもおいらがずっとやりたかった机の上で一人で行う学習ではなく、
体験型、集団型の学びの手法になります。

映画制作は芸術のような感性が含まれ、体育のような集団での結束力も深まる、
学びに於いては、国語や数学の要素も含まれる
論理性や感受性を総合的に養うことができる学習手法だと考えております。


是非、ご興味がございましたら、23、24の両日、
お申し込みを頂けたらと思っております。
小学1〜3年生もOKになりましたので、
皆さんの自由な発想や感性で、オンリー1の作品を創ってみましょう!

大人向けのワークショップも近く開催しましょうね!:)

コメント

このブログの人気の投稿

聖徳学園「シネマ・アクティブ・ラーニング」聖徳映画祭

学校というコミュニティの在り方〜茨城県立並木中等教育学校「 ALセミナー2017」〜

ZOOMによるオンラインコミュニケーショントレーニング講座