放映を終えて~ひきこもり映画監督の卒業~

こんにちは。
寒さが厳しい毎日ですね。
如何お過ごしでしょうか。

��1月22日の「Baby Smap」の放映を終えて、
沢山のご反響を頂いております。

多くの方々がご覧くださいましたことに、
心より御礼申し上げます。

思えば5年前、池脇千鶴さんとの現場が助監督としての
初現場でした。
「ラッセハルストレムがうまく言えない」というラジオドラマで、
「天使の恋」の寒竹ゆりさんが脚本、
師匠である窪田崇さんが監督という、
とても恵まれた現場が私の映画業界の出発点でした。

そこからちょうど5年が経ち、この度、
テレビという媒体での作品発表をさせて頂きました。
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/baby-sma/index.html

ここに来て、海外の方々と多くと接することが増え、
そして、毎日毎日が常に真剣勝負の生活でございます。

これから、違ったステップにあがっていく上での、
ターニングポイントだと自分では感じております。

来年は、さらに大きく活動をさせて頂きますが、
その上で最近よく取り上げて頂くことは、
「ひきこもり映画監督」のネーミングでございます。

確かに既にひきこもりでないですね。(苦笑)

ということで、新年からは、違った名称を使っていくつもりです。
勿論、活動のスタンスに変わりはありません。

実生活の出会いの中に、ふと訪れる瞬間の幸せを、
自分自身に残された時間と向き合いながら、
映像として紡いで参りたいと思っております。

信じていきたいのは、変化です。
変わるというのは、決して難しいことではないのですが、
知らず知らずに時は過ぎていくもの。

その中で、変化を意識していけば、
それは、きっと+の力に変わっていくと思っております。

当たり前を当たり前に思わないことを、
この活動を通じて、沢山発見していきたいと思っております。

コメント

人気の投稿