字幕入り30分納品

��0日消印にて、koganeyuki30分バージョン納品しました。
これで二つ目の映画祭です。
今回はサブタイトル=字幕入りです。

これでもう2つの海外映画祭に提出ができます。
翻訳の伝を探してくださった相見高志、下西弘二プロデューサーに
大感謝です。

引き続き走り続けます。
映像は、思っているよりも時間のかかる媒体です。
ちゃんとやっているはずなのにエラーを出したり、
予想外の書き出し時間がかかったり、

予想してない状況に陥ったときに冷静な判断を求められることが、
映画の世界にはとても強いなと感じます。

このブログでも、僕の感じたことをちょっとずつ、
お伝えしていけたらよいなと思っています。

月曜日は、毎週とあるスクールにて
「映画プロデュース」という講座を担当させて頂くことになりました。
と思っていたら、もう今日ですね。

授業の準備をこれからします。0421.png


コメント

このブログの人気の投稿

アクティブ・ラーニングが社会に必要な理由(1)

アクティブ・ラーニングが社会に必要な理由(2) 〜ALと「世間」との関係〜

自己開放感〜本当の自分であるために自分を開放していくこと〜