小説「ノー・ヴォイス」が普連土学園中学校の「国語」入試問題に採用されました

突然の報告でとても驚きました。
小生の小説「ノー・ヴォイス」が普連土学園中学校の入試問題に採用されました!
こうして、子どもたちの人生の進路に関わる大切なことに対して、
小生が命を込めて書き上げた作品が採用されましたことは、
とても嬉しく、光栄なことと思っております。



ぜひ、多くの方々に、本作をご高覧いただけますよう、
皆様の周りでも、ご紹介をいただけましたら幸甚です。

コメント

このブログの人気の投稿

承認欲求を捨てられた人、捨てられない人〜南海キャンディーズ山里亮太さんと議員・丸山穂高氏〜

自己開放感〜本当の自分であるために自分を開放していくこと〜

Japan Film festival in Los Angels受賞報告&現地日系移民の歴史