2015年3月7日土曜日

FORの友達、WITHの親友、INの仲間

皆さん、こんばんは。
光陰矢の如し、あっという間に三月ですね。
おいらは、この2週間ほど朝まで作業が続いておりました。

お陰さまでクラウドファンディングで目標達成を致しました
短編映画「龍と踊り子」が無事完成を致しました。

ステキな大事を地元の書家の方が書き上げて下さいました

素晴らしいキャスト、スタッフ、そして、
地元の方々の多大なるお力添えのもと、素晴らしい撮影を行うことができました
自分の憧れた赤穂の地での撮影。
遠方ということもあり、いろいろな面で準備が大変ではございましたが、
地元の方々が多方面でお力を貸して下さり、撮影を行うことができました。

昼食や夕食では地元ならではの温かいお料理を振る舞って下さり、
キャストもスタッフも一同元気を頂くことができました。
最後はみんなで上空から記念写真!
この作品はこれから、大切にいろいろな場面で露出ができるよう準備を進めて参ります。

今月は、弊社参加作品「ORIGAMI」の仕上げを控えており、
昼夜問わず動き回っております。

二つの作品を現在手がけて、仲間の大切さを改めて実感しております。

映画製作は決して一人では行うことができません。
様々な属性の仲間が集い、お互いの違いを理解し、協力し合って初めて行うことができます。

良いことばかりが続くわけではなく、時として、思いがけないトラブルや不測の事態に遭遇することも多々あります。

その時に、身近な人間には、FORとWITHとINの3タイプがあることを最近教わりました。
FORは身近にいるけれども、波風が立つと離れていく小舟のように去っていく人。
WITHは同じ舟に集い、寄り添ってくれる人。
INはWITHよりももっと深い縁で繋がっていて、課題やトラブルを一心同体で向き合ってくれる人。

大きなことを遂げる時に、INの仲間の存在に感謝をすると共に、
この状態が「愛」であることを深く感じております。

自分とは違う人間が、自分と同じように物事を感じ、考え、分かち合ってくれる。
この愛の状態にある時、動かせなかった大きな岩をいつしか動かせてしまう、
そんな不思議なエネルギーに満たされることを感じてなりません。

生きるということは、この愛の状態を深く永く探していく旅なんだと思っております。

0 件のコメント:

コメントを投稿