削るということ

こんばんは。
皆さん、お変わりございませんか。

おいらは、映画祭で沢山の出会いを授かり、
それ以降もいろいろな案件の作業や相談を頂いております。

大変なことは沢山ありますが、充実した毎日です。

毎日沢山の連絡や相談を頂く中で、今年はいろんなことが集約されてきたなと思ってます。
それは自分自身の動き方や、考え方、創作に対しての意識もです。

おいらは、物づくりは小さい頃からとてもしたかったことだったので、
22歳になるまで押し殺していたのはとても辛かったです。

環境がそうさせていたといえば、それまでなのですが、
それすらも今の自分を形成している大切なきっかけ。

自分の人生は、こんなにも逆境だらけ(自分の意識の中でだけね)と
常々感じてます。

自分はこんなにも苦しいんだって思う時ほど、自分に備わっている
チャンスやきっかけを見失いがちです。

どんな場所にも、自分を発信できる種は沢山転がっています。

拾うのはそう、僕自身なんだ。

自分の至らなさや、直したら良い部分に気付き、
それを栄養としていく。
自分の良さは誰がなんと言おうと、それが自分らしさであるから、
堂々とね。

そんな二つの要素を絡めていくと、
もしも(たとえ)、自分の思ったものと違う現実になったとしても、
それは、意外性という素晴らしさに変わります。
その意外性を受け入れていけることが、生きていくことに、
この上ない、感動を自分にも、そして誰かにも届いていくと思います。

おいらがこのブログやツイッター、そして日々の生活でやれることは、
誰かと直接、その人と戦うことではなくて、向き合うこと。
その人の良さを一つでも受け入れていけること。

おいらは、そこに自分の作品の感動が出てくると思ってます。

自分ができることはただ一つで、
作品を創ることでもなく、
誰かを愛することでもなく。
お金を稼ぐことでもなく、

目の前の現実を、どうやったら自分の糧にしていけるか。

その延長線上に、
作品を創ることがあり、
誰かを愛することがあり、
会社を大きくすることがあります。

コメント

このブログの人気の投稿

広島城北中学「シネマ・アクティブ・ラーニング」

武蔵境・聖徳学園「シネマ・アクティブ・ラーニング」第7週〜第10週(最終週)

聖徳学園「シネマ・アクティブ・ラーニング」聖徳映画祭