2010年12月31日金曜日

2010年、ありがとうございました!

皆さん、こんばんは!
本日は、大晦日なんですね。

今年も沢山の出来事があり、本当に幸せな毎日です。
活動が急速に大きな範囲になっていくことで、
いろんなことを気付いていきます。

その都度、いろいろなことに気付かされます。
大きな壁は、自分にとっての大きなチャンスで、
それは必ず、次のステップの自分に繋がるって感じてます。

時間って不思議ですよね。
その時は、大変とか、苦しいとか思えても、
それは、必ずいつか、プラスなことに繋がっていきます。

大切なことは、向き合う一つ一つの出来事を大切にしていくこと。
決してマイナスな出来事なんて、ないと思っています。
限られた時間の中で、人は、何かと出会い、気付き、
そして巡り巡って自分のところにその感情は回って参ります。

お仕事にしてもプライベートにしても、相手を受け入れて、
そしてそこからプラスなことを返していく。
思いがけないハッピーは、自分のきっかけからやってくるんだなって
感じております。

来年は、短編映画「わかれもの」という作品でスタート致します!

会社を立てて、作品を制作して、今気付いたことは、
仲間が全てであることです。

今、素晴らしい仲間やスタッフが沢山集まってきてくれています。
仲間の力が、今の自身の作品の原動力になってます。

これから、世界を目指す上で、いろいろな高みへのチャレンジは続いて参ります。
どんな出来事にも、一個一個丁寧に向き合う姿勢を心がけ、
来年に向かいたいと思っております。

今年も大変お世話になりました。
来年、皆様にますますのご多幸があることを心より祈念申し上げます。

古新 舜

0 件のコメント:

コメントを投稿