5月のこもれび

緑の風。

そっとそよふくその歩みが緑道を駆け抜けて、
左と右の足が代わりばんこに仲良しになれる感覚で
佇む上水の淵には木漏れ日はまぶしいほど微笑んで
今の生活と、過去という人生と、未来という願いを
繋げてくれる。握手するみたい。
語りかけているのは、今はまだいない小さな。

吊り橋のように揺れ動く心にはどこにも確信なんてなくって
不安定で時々さ、真っ白な宇宙に落っこちそうになるんだけど
でも、君が生きていることは、決して消えない現実

対岸にいる桃色の笑顔に出会うことも大切だけど、
そこに奇麗な虹がかかることを楽しむこと
だから、
僕は時々止まったり、シャガンでみたいと思うんだ
シャボン玉が生まれるような高さで。

空が通じるこの世界には
誰かと誰かが繋がる匂いが漂っていて
そんな幸せな雲の光は
原色から生まれる無数の音楽があって
音符の放つ飛行機雲に、心の弦は足下で8の字の幸せを描いている

緑の風、その歩を想いながら。

コメント

このブログの人気の投稿

承認欲求を捨てられた人、捨てられない人〜南海キャンディーズ山里亮太さんと議員・丸山穂高氏〜

自己開放感〜本当の自分であるために自分を開放していくこと〜

Japan Film festival in Los Angels受賞報告&現地日系移民の歴史