2014年4月15日火曜日

春、誕生日、出会い。

皆さん、こんばんは。
関東では桜が散り、すっかり暖かくなりましたが、
如何お過ごしでしょうか?

おいらは先週誕生日を迎えました。
33歳となりました。

大学を卒業してから10年、晴れてデジハリを修了し、
予備校講師を勤めて10年、晴れて昨年退職し、
映画業界に入って10年、長編映画の公開を迎え、
様々な節目から新たなスタートを切ったのがこの4月になります。

3月、4月は1、2月お会いできなかった方々と
連日深夜までお会いさせて頂いております。

毎年恒例のお花見会には沢山の方々集まってくれました、終わったのは29時!
沢山のメッセージ、お祝いもありがとうございました!
明日でかれこれ23日、連続で外食になるのですが、
自分の一つの節目の時期ですので、今までお会いできなかった方とお話させて頂き、
自分を振り返り、これから何が自分にできるのかを見つめ返す時間になってます。

32歳までずっと学生でありながら、10年間ずっと映画や物理の講師を勤め、
会社をやりながら、創作活動をする。
ハチャメチャに活動してきましたが、
そろそろ自分のやりたいことを絞ろうと決意して、
デジハリを卒業し、待遇の良かった大手予備校講師も辞めました。

いろんな取材やインタビューを受ける中で、
自分のやりたいことって、何かと何かを繋げる橋渡し的なことなんだなと思いました。
新しいものと古いもの、場所が離れているもの、
ジャンルが異なるもの、
それらを自分の活動で繋げたいというキモチが今の活動に有り、
会社を生み出したきっかけでもあるのです。

社会には、疑問に思いながらも、それが日常にとけ込んでしまうことで
当たり前の日常になってしまうモノやコトは沢山存在します。

それらを自分が持っているストーリーや映像の力で可視化させ、
当たり前を見つめ返していくことで、気付きや成長へのきっかけを生み出したい。

それが自分がやりたいことなんだと最近よく感じます。

他者に対しての問いかけをし、考えを傾聴し、双方で建設的なアイデアを生み出していく。
それをおいらは映像やストーリーでやりたいと思っております。

4月は今まで溜め込んでいたものを、人と出会うことと一人の時間を大切にしながら、
整理しております。

他人を通じて自分を知り、自分を見つめて他人を想う。
そんな循環型の幸せの在り方を、仕事にしたいと毎日考えております。

2014年4月1日火曜日

社長かヒラか! ハイ&ロー

が大好きだったのです。
いいとも! の最終回を拝見して、昔のことが怒濤のように蘇ってきました。

あの当時は、祖母と行く中華屋や定食屋でしきりに
いいともじゃなくて、社長や部長のテレビにして
と伝えておりました。

いいともの最終回を観て、ふと、昔のことを振り返りました。
おいらは根っからのテレビっ子で、
午前は教育テレビでできるかな? や おーいはに丸! たんけん
ぼくのまちを見て、
昼くらいのなると大木凡人さんの町かどテレビやハイ&ロー、
夕方はニャンニャンやプッツン5、
夜はヒョキン族、ベスト10、たけし城や紅クジラ団と
テレビは朝から23時頃まで見ていた記憶があります。

おいらは思い切り、おばあちゃんこで、
その次に好きなのが歯医者をやっているオジさん。
両親には全く馴染めず、いつもおばあちゃんと一緒にいた時に観ていたのは、
お昼のテレビはハイ&ローでした。

タモさんが出ていると見て、変えて変えてと祖母に嘆願して、
店に備え付けのブラウン管のチャンネルを変えるような幼稚園児でした。

その後、ハイ&ローが終わっていいともを観ておりました。

自分と同じ頃に生まれた番組が終わりを告げる、
テレビが大好きだった自分にとって、
いいとも! が終わるということは、
時代を引っ張って来たタレントの方々への畏敬と共に
視聴者やメディアの変化も感じずにはいられません。

出演者ーメディアー視聴者の三位一体で、盛り上げていた番組の代表格が
いいとも! だったのだと思います。

先月でいろんな番組の終了や司会の交代があり、
いろいろな節目を沢山感じた月でした。

私も今日からようやく学生証が無くなり、
DCM修士として、コンテンツの制作活動に精進していくつもりです。

四月も今日からスタート! 今月も宜しくお願いします。